jp-kenko.org

助成金事業

健康知識・教育に係る公募助成実績


◎平成28年9月1日当財団は平成28年度「健康知識・教育に係る公募助成」の助成先を決定いたしました。
応募18件の中から8件・総額358万円を選定いたしました。

金城 真実
杏林大学病院泌尿器科

三鷹市における尿失禁、骨盤臓器脱を伴う女性骨盤底障害の実態と意識調査

鈴木 朋子
杏林大学保健学部看護学科看護養護学専攻

多胎育児準備クラスの評価 受講有無と産後の母親の育児ストレスとの関連

西山 知佳
京都大学 医学研究科 人間健康科学系専攻

全新入生を対象とした体系的AED救命講習会の教育プログラムの評価

福崎 千穂
東京大学大学院 新領域創成科学研究科

自重スクワット動作の左右非対称性とその改善に関する研究

石山 寿子
医療法人社団 永生会 リハビリ統括管理部

舌トレーニング器具(舌cap)による口腔機能維持にもたらす効果検証と訓練法の普及活動

飯塚 哲子
首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 看護科領域

近隣中学校との地域連携共同事業・健康保険教育支援「生命学」体験授業のプログラム開発

梅澤 佳子
多摩大学 経営情報学部 事業構想学科

世代間で学ぶ健康学習のプログラム開発 ロコモティブシンドロームに着目して

上田 裕子
宝塚大学 看護学部

地域在住高齢者と多職種連携・協働した健康サロンで絆を紡ぐコミュニティー育成支援によるまちづくり

◎平成27年9月1日当財団は平成27年度「健康知識・教育に係る公募助成」の助成先を決定いたしました。
応募9件の中から6件・総額300万円を選定いたしました。

福崎 千穂
東京大学 新領域創成科学研究科

水中ポールウォーキングの運動特製の検討と運動プログラムの開発

高橋 英孝
東海大学医学部 基盤診療学系健康管理学

健康寿命延伸に向けたセルフチェックのすすめ

塚本都子
東京純心大学 看護学部

大学生の認知症高齢者に関する知識と状況設定場面への対処行動意識の実態調査に基づく革新的な教育教材の開発

石山寿子
医療法人社団永生会 南多摩病院

口腔運動機能維持改善のための舌トレーニング器具の開発と普及運動

盛永美保
京都看護大学

壮年層女性の乳がん検診受診向上にむけた啓発活動とその評価

上田裕子
宝塚大学 看護学部

マンション住民の健康増進とコミュニティづくり支援~いきいき百歳体操と認知症サポーターを活用して~


◎平成26年9月1日当財団は平成26年度「健康知識・教育に係る公募助成」の助成先を決定いたしました。
応募10件の中から5件・総額300万円を選定いたしました。

後藤 広明
リブト(株)

高齢者の誤嚥性肺炎を予防する「嚥下障害予防・診断セット」の開発

福崎 千穂
東京大学大学院 新領域創成科学研究科

下肢関節疾患患者に対する定期的なノルディックウォーキング教室実施の効果の検証

高橋 英孝
東海大学医学部付属八王子病院

健康診断の効果的な利用法に関する健康教育教材の開発

田口 玲奈
明治国際医療大学

セルフケアによる児の健康および女性の育児・就労支援の確立-働く母親を対象に-

上床 輝久
京都大学健康科学センター

高等教育機関の学生、教員、職員を取り巻く精神的負荷の理解と対策を軸とした就学・就業環境の包括的整備による人的資源開発


◎平成25年9月4日当財団は平成25年度「健康知識・教育に係る公募助成」の助成先を決定いたしました。
応募7件の中から下記4件・総額100万円を選定いたしました。

小山 貴之
日大文理学部体育学科 専任講師

頸部筋トレーニングのための機器開発と安全性の検証

福崎 千穂
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 生涯スポーツ健康科学研究センター 特任准教授

ノルディックウォークが下肢関節疾患患者の歩行安定性に与える効果

佐藤 喜美子
杏林大学保健看護部看護学科専攻 准教授

多胎育児支援を目的とした妊娠期からの健康教育-多胎育児準備クラスの教材開発-

平良 勝章
埼玉県立小児医療センター 整形外科 医長

野球メディカルサポート事業