jp-kenko.org

助成金事業

健康知識・教育に係る公募助成


公益財団法人日本健康アカデミーは、社会の福祉の振興のため国民の心身の健康の保持増進に関する啓発活動の一環として、
平成25年より「健康知識・教育に係る公募助成」を実施しております。
近年、社会の多様化・急速な変革が進む中、生活・環境変化による心身の病気が社会問題化しております。
国民の心身の健康の保持増進のために、新たな健康知識・啓蒙・教育が求められており、これらに係る機関・研究者・教員・指導者の活動がますます重要になっております。
そこで、これらの活動がより充実し、国民の心身の健康増進がなされることを願い、日本国内の地域を限定せずに幅広く研究・教育活動の助成を行いたいと考えます。多くの皆様のご応募をお待ちしております。

◎平成29年9月1日当財団は平成29年度「健康知識・教育に係る公募助成」の助成先を決定いたしました。
応募21件の中から8件・総額400万円を選定いたしました。

蒲生 忍
杏林大学・杏林 CCRC研究所
超高齢社会の死生学教育の教材開発-エリザベス・キュブラー-ロスの未公開映像資料教材化の試み
護山 健悟
東海大学医学部基盤診療学系健康管理学 付属八王子病院健康管理センター
食後の血糖と中性脂肪測定に着眼した初期の耐糖能と脂質異常の発見と予防
田口 玲奈
明治国際医療大学 鍼灸学部 はり・きゅう学講座
生殖補助医療( ART)の成績と尿中ヒドロキシデオキシグアノシン( 8-OHG)の関連性
築田 誠
神戸大学大学院保健学研究科
安全な人工呼吸器ケアに向けた教育プログラム開発
飯塚 哲子
首都大学東京大学院人間健康科学研究科看護科学域
中高一貫教育の健康知識研究・教育活動とキャリアデザインに関する研究
大野 裕美
豊橋創造大学保健医療学部
がんピアサポート活動におけるタナトロジー(死生観)教育プログラムの開発
山下 和彦
大阪大学大学院 医学系研究科 バイオデザイン学共同研究講座
高齢者の補講機能維持・向上のためのフットケア普及事業
北垣 邦彦
東京薬科大学 薬学部 社会薬学研究室
学校薬剤師が行う学校における「喫煙・飲酒・薬物乱用防止教育」教材の開発に関する事業


現在お送りいただいたメールが、当方に届かない現象がしばしば発生しております。
メールが届きましたら一両日中に当財団より、着信確認の返信を致しますので、
当財団より、返信が無い場合、お手数ですが確認のお電話を頂けますようお願いいたします。

概 要

目的
公益財団法人日本健康アカデミー「健康知識・教育に係る公募助成」は、国民の心身の健康増進のため、病気の予防、早期の適切な診断、そして快癒などの実現に寄与する調査研究・啓蒙・教育の促進を目的とする。
対象となる事業活動
(1) 健康知識研究・教育活動に関する事業
(2) 健康教育教材の開発に関する事業
(3) 職員・指導者の資質向上に関する事業
助成金額
1件当たり 30万円~60万円 平成29年度総額400万円
募集期間
平成29年4月1日より平成29年7月31日(応募予約は6月30日まで)
選考方法
助成選考委員会で選考し決定します
決定時期
平成29年9月
助成金交付
平成29年10月上旬
募集要項
助成金交付申請書
報告書の提出
提出期限:事業終了後速やかに、または平成31年4月末日のいずれか早い期日

経過報告書

平成30年度も継続して助成を受けることが決定された事業において、平成29年度における事業の経過状況を記述して報告してください。

LinkIcon経過報告書(PDF形式)

LinkIcon経過報告書(Word形式)

成果報告書

平成29年度で、事業への助成を終了した事業において、助成を受けた全期間において達成した事業の成果について記述して報告してください。

LinkIcon成果報告書(PDF形式)

LinkIcon成果報告書(Word形式)



LinkIcon今までの助成実績